タイミング療法から体外受精を経て、妊娠に至るまで

40歳で始めた不妊治療

検査を経てタイミング療法からステップアップして体外受精を経て

妊娠するまでをまとめてみました。

タイミング療法

その名のとおり、クリニックに通い

排卵のタイミングを診てもらい

先生に

「この日とこの日に仲良くしてください」

とお告げをいただく不妊治療です。

通水検査の後は妊娠しやすいということで

3か月にわたり、3回のタイミング療法を試みましたが

結果は残念!

 

体外受精へステップアップ

通常、タイミング療法からのステップアップは

人工受精という、

夫の精子を直接医師によって子宮内に入れてもらう方法に

ステップアップするのですが

先生から、年齢を考慮して、体外受精に踏み切りましょうとのことでしたので

体外受精にステップアップしました。

ホルモン等の検査結果を踏まえて

自然周期で採卵する方法での体外受精となりました。

体外受精の採卵は痛い??

採卵の日まで、クロミットを服用するのみでしたので

採卵予定卵子の個数は1回目、2回目共に3個でした。

採卵前にネットで検索していると

”採卵はとても痛い”との記事ばかり

恐怖に震え、無麻酔で採卵に挑みましたが

案ずるよりなんとやらで、多少の痛みはありましたが

耐え難いほどの痛みではなく、あっという間の出来事でした。

通水検査の方が何倍も痛かったです。

 

採卵できた個数全てが受精するわけではない

3つ無事に採卵できましたので、3回凍結して使える!

と思っておりましたら

3個中、夫の精子が受精できたのが2個

その2個のうち1個は状態がよくなかったので

1個のみを子宮内にもどしました。

2回体外受精をしましたが、

2回とも同じ状態でした。

そして、受精卵を戻したあとは安静に安静に過ごしましたが

2度とも結果は残念。

高額なカードの請求額が追い打ちをかけるように懐をも苦しめるのでした。

 

妊活しばし休憩

生活が、といいますか

私の頭が妊活中心になって苦しくなってしまったのと

不妊治療代を私一人で支払っていたため

金銭的にも余裕がなかったので

41歳も近づいていましたが

しばらくお休みをすることにしました。

とはいえ、自分でできること

セルフケアや、排卵検査薬を使用しての自己タイミング法などを続けてはいました。

 

まさかの自然妊娠

妊活をお休みして

自分でできるセルフケアに徹して3カ月目。

「どうせ、今回もだめでしょう。

だめならビール飲みたいからフライング検査しよう」

と軽い気持ちでした妊娠検査。

生理予定日1週間前にも関わらず

市販の妊娠検査薬で検査してみると

ななななななんと、かなりのフライングだったにもかかわらず

妊娠に陽性の線が現れました!

 

びっくり、嬉しいとともに

また流産するのではないかとの不安もありましたが

夫に報告をしてゆっくり過ごすことにしました。

 

私が妊娠するまでに行っていたセルフケアや

飲んでいたサプリ、ジンクスなどについては

別の記事にまとめたいと思います。

沢山あるので((笑)

 

コメント